専門業者に依頼してコウモリの駆除をしてもらおう

男の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

コウモリを撃退するには

蝙蝠

最大の被害は糞によるもの

コウモリは山林などに生息しているうえに夜行性のため、普段はほとんど人目に触れることがありません。そのせいか、知名度の割に実態がよく知られていません。しかし近年は都市化の進行によって生息域が縮小していることから、街中に進出するコウモリも増えてきています。都会のコウモリは倉庫の内部や店舗の軒下、民家の天井裏などに棲みつき、巣を作ります。そしてさまざまな被害をもたらします。コウモリによる害の筆頭は、糞によるものです。建物を汚すばかりでなく、ダニなどの発生源にもなります。また、夜中に飛び回って安眠を妨害することもあります。コウモリ駆除は自力でもできなくはありませんが、根本的な対策を講じるには専門業者の手を借りるのが賢明です。実績の高い業者なら駆除だけでなく侵入予防策も授けてくれるとして人気があります。

まずは追い出す工夫をする

コウモリはハエなどの小さな昆虫をエサにする益獣としての性質も持っているため、勝手に捕獲することができません。それに個体数が増えてしまうと完全に退治するのは不可能です。そこで、コウモリ駆除はまず棲みついたコウモリを追い出し、しかる後に再侵入を防ぐというのが基本的な段取りとなります。コウモリ駆除に強い効果があるのが、忌避剤です。コウモリはハッカのようなツンとくるニオイを嫌います。忌避剤はこうしたニオイの付いた薬剤で、スプレー式のものを吹き付けたりジェル状のものを付近に塗布したりすることで、コウモリを追い出すことができます。追い出しに成功した後は、侵入口をふさいでコウモリ駆除は完成します。専門業者に依頼すれば、建物全体をチェックしてコウモリが入りそうなすき間を見つけてくれます。

毒を混ぜた食べ物で駆除

ねずみ駆除は、遅効性の毒を混ぜた食べ物の設置によっておこなわれています。これにより、巣にいるねずみを全滅させることが可能となります。特にワルファリンがよく使われていて、これを摂取するとねずみは胃腸と眼球内で出血を起こすことになります。数日後には明るい場所で死ぬので、死骸も手軽に回収できます。

早めに発見自分で対処

人の生活圏で生きている鳩は、ベランダや屋根など住居内に好みの居場所を見つけることが多くあります。休憩場所、ねぐらなど用途に応じて執着度合いが深まりますが、度合いの軽いうちなら忌避剤を使って対策することができます。対策グッズにも様々なものがあるので用途や設置場所を選んで効果的に使いましょう。

キイロスズメバチの特徴

近年、キイロスズメバチという種類の蜂による被害が増えています。この種類の蜂は都会の環境にも適用し、家の軒先などに巣を作るのが特徴です。自分で駆除するのが難しいと感じたら、専門業者に駆除を相談しましょう。

イチオシサイト

  • ハチ駆除ならハチ110番

    プロがすぐに駆け付けてくれるので、蜂の退治を申し込みたいと感じているならこちらを参考にしておきましょう。